名古屋の税理士奮闘記

名古屋で税理士事務所を開業。多くの人と交流を深めていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月も終わり・・・

 8月もとうとう終わりです。とはいってもまだ丸一日ありますが・・・。私の印象では結構暑い日はありましたが例年より少なかった印象です。実際はわかりませんが・・・ブログも毎日は更新できませんでしたが32回更新。乗ってる時は二度更新したので毎日ブログを更新すると言う密かな目標は到達できたのではないかと感じています。

 来月の予定は結構埋まっています。とはいってもほとんどが研修や研修旅行です。お客様とお会いする予定もありますがまだまだ少ないのが現状です。ですから、9月の目標は
   研修で自分を磨くこと。
   顧問先を少しでも増やすこと。
   そしてブログを毎日更新すること。ですね。
 全部うまくいくように応援もワンクリックを宜しくお願いします。


                    ★
                     この星の部分にワンクリックお願いします

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/31(木) 01:26:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

リニューアル×3

 今回は3つのリニューアルについてお伝えします!


 ようやくホームページがリニューアルできました。青を基調とした鮮やかでさわやかな配色から、赤黄黒を基調としたお洒落な(自分で言うのもおかしいですが・・・)デザインに変貌を遂げました。今回は丸三日で何とか仕上がり、前回のことを思うとずいぶん早く済みました。ただ現在yahooのサーバーを使っているのですが、CGIというものに対応していないようで、お問合せフォームが保留となっています。無料の魅力も捨てがたいですが、有料のサーバーを検討したいと思っています。ブログ左下からリンクされているのでご興味を持っていただけた方は是非ご覧下さい。


 先日車が故障したと言う話をさせていただきましたが、ようやく修理が終わりました。大変喜ばしい結果なのですが、エンジンは故障していなかったようです。修理費用も32,000円ほどで済みました。飛び込みで受け入れてくれた整備士さんに感謝です!毎日は無理でも、洗車のときにはボンネットを点検しようと思うしだいです・・・


 ブログランキングへのリンクもリニューアルされました。ホームページビルダーを使って作ってみました。よろしければ応援のワンクリックを是非お願いいたします。 
                            


                ★
   

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/30(水) 13:36:35|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ホームページのリニューアル

 ホームページビルダーを利用しホームページを作成しましたがどうも反響がよくありません。ブルーのさわやかなカラーで他のホームページに見られない色使いで自信作だったのですが・・・

 知人に聞いた話なのですが、見栄えの良いホームページを作成するにはテクニックよりもセンスが大きく影響するとのことです。いくらテクニックがあってもセンスがなければ見栄えの良いホームページは作れません。私の場合、技術は初心者でさらに配色のセンスもなかったのかなと感じています。唯一、あったのが、一日中パソコンに向かって作業する根性だけです。次はセンスの良い配色で作ることを意識したいと思います。


応援のワンクリックをお願いします → 人気blogランキングへ

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/28(月) 23:17:26|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ラジエーターが粉砕

 今日は散々な目にあってしまいました。私の車で友人と二人、買い物のため店に向かっている途中のことです。交差点で突然バッテリがー上がりました。バッテリー変えたばっかりなのに?と思いつつ運転をしていたら友人が速度メーターと回転数のメーターの横らへんについている、CとHの文字の記載があるメーターが振り切れそうになっているのに気づきました。何かよくわからなかったのですが、「まぁ、いいや、店まで持てばいいだろう」ということになりそのまま運転を続けました。

 しばらくするとまたバッテリーが上がってしまい危険を感じたためガソリンスタンドへ直行。するとスタンドではボンネットを開けることもなく、ちょうど隣にあった自動車整備工場に行くように指示されました。そして整備工場に向かい、5メートルぐらい進みちょうど工場に着いたとき、バッテリーが上がり、ボンネットから白い煙が・・・・もくもくもくもく

 整備士さんに見てもらったところ、バッテリーではなくオーバートということでした。どうやらラジエーターが破損していたので、水が漏れて、エンジンを冷やすことができなくなり、ちょうど運よく整備工場の前で力尽きたとのこと。運がいいのか悪いのか・・・

 車はそのまま整備工場の中へ。エンジンオイルに水が混じってないから、『おそらくエンジンは大丈夫だろう』と言われました。まだ調べてみないとわからないそうですが、エンジンまでやられていたら合計20万くらいかかるそうです。因みにラジエーターだけなら4万円です。それでも痛いのですが・・・

 ラジエーターのチェックをしっかりしていればこんなことにはならなかったのにと思います。メーターの意味もわからないようでは駄目ですが・・・。

 皆さんもラジエーターはしっかりチェックしてくださいね。大事なエンジンまで故障してしまうこともあるそうなので、オーバーヒートしたら助けを求めてください。いい解決方法知ってる方がいらしたらコメントお願いします。


 ブログランキングに参加しています。応援のワンクリックを是非お願いします。


   ワンクリックお願いします → 人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/27(日) 01:04:38|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

保険の代理店の試験(日記)

 今日は昼から生命保険の代理店の試験を受けに行って来ました。当初代理店をする予定は無かったのですが、お世話になった方の勧めにより受けることに。こういう関係も大切にしなければと思いつつ、節税のツールとしても活用できればと考えています。保険会社の方との人脈作りも大切ですし・・・因みに、私は税理士が本業なので、保険の無理強いしませんのでご安心下さい。保険会社の人にも少し失礼かもしれませんが、お客様重視である旨は伝えました。

 それにしても簡単な試験でした。社団法人生命保険協会というところが取り仕切っているようですが合格してもらうための形だけの試験のように思えます。簡単な上に、70点以上が合格という基準の甘さです。例えるなら、原付や自動車の学科試験に似た感じです。試験開始から20分ぐらいで終わり、見直さずに一番に退室して帰ってきてしまいました。税理士試験の時は時間が余っても最後の最後まで粘っていたことを思い出すとえらい違いです。これで落ちてたら伝説になってしまいますけど・・・

 帰りには税理士会の本屋によってきました。遺産分割と法人設立の税務に関する本を購入したので今週末は読書ですね?。よい内容であればまたブログに記載してみたいと思います。


ブログランキング参加中です。ワンクリックしていただけるとランキングが上がります。お手数ですが応援のワンクリックを宜しくお願いします。


こちらをワンクリックしてください → 人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/25(金) 15:57:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

保険金の受取と税金後編

 前回、所得税として課税される場合と、相続税として課税される場合と、贈与税として課税される場合とでは税額に違いがでてくることをお話しましたが具体的にどのように計算されるのかということを書いてみたいと思います。一般的には次のようになります。

 ?所得税の場合

  保険金 ? 正味払込保険料 ? 一時所得の特別控除(50万円) = 一時所得の金額
  この一時所得の金額に二分の一を乗じた金額が課税されます。   

    例 保険金1000万円 保険料500万円の場合
      1000万円?500万円?50万円=450万円
      450万円×二分の一=225万円
      この金額から生命保険料控除、扶養控除などがされて課税されます。 

 ?相続税の場合

  保険金 ? (500万円×法定相続人の数)=みなし相続財産

    例 保険金2000万円 法定相続人が妻と息子の場合
      2000万円?(500万円×2)=1000万円

      この金額と保険金以外の財産を足した金額が相続財産となります。大雑把ですが相続財産
      から基礎控除(この場合、基礎控除は5000万円+1000万円×2=7000万円)が控除
      され、基礎控除以下であれば相続税はかかりません。

 ?贈与税の場合

  保険金 ? 基礎控除(110万円) = ×××

    例 保険金1000万円の場合

      1000万円?110万円=890万円
      この金額に贈与税率がかけられます。
      
      税額が多くなる場合は是非相続時精算課税を選択してください。65歳以上の両親から20歳
      以上の推定相続人(息子など)に対する贈与に限られますが2500万円までは相続発生時ま
      で課税の繰り延べができます。届出書の提出も要件の一つです。

 このように誰が契約者になり、被保険者になり、保険金受取人になるかによって課税方法が変わってきます。どれが有利なのかは、その時の状況によって違いますからよく検討していただければと思います。


ブログランキングに参加しています。応援のワンクリックを宜しくお願いいたします。


      現在の順位がわかります → 人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/24(木) 19:24:25|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

保険金の受取と税金

 生命保険、自動車保険、火災保険などいざという時のために多くの方は何かしらの保険に入っていると思います。保険は安心な生活を送るためにも必要なものです。今回は生命保険金について、特に死亡保険金を受け取った時どのような税金がかかってくるのかについて書いてみたいと思います。

 死亡保険金というとほとんどの方は受け取った保険金は相続税の対象となると思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?実際には、契約者(保険料負担者)、被保険者(保険をかけられた人)、保険金受取人が誰であるかにより課税される税の種類も代わってきます。

契約者=A、被保険者=B、保険金受取人=C

 ?所得税(A=C ≠B)
 契約者と保険金受取人が同じ人で、被保険者が別の人の場合は一時所得として所得税が課税されます。つまり死亡を原因に保険金を受け取ってはいますが、保険料を支払った人が保険金を受け取っているので保険金受取人の所得ということ(自分の財産を自分が受け取っているということ)になるのです。

 ?相続税(A=B ≠C)
 契約者と被保険者が同じ人で、別の人が保険金を受け取ったとします。この場合、別の人は死亡を理由に保険金という財産(みなし財産)を取得しているので相続税がかかります。

 ?贈与税(A ≠B ≠C)
 契約者と被保険者と保険金受取人がすべて別の人だとします。この場合、保険料を支払った契約者から被保険者の死亡を理由に保険金受取人が保険金を受け取ります。しかしここで?と大きく違うのは、契約者が生存しているということです。契約者が生存しているため、被保険者の死亡により保険金受取人は契約者から財産を取得しているのです。したがってここでは相続ではなく贈与税がかかります。

次回は今回のケースの課税上の違いを載せてみたいと思います。所得税として課税される場合と、相続税として課税される場合と、贈与税として課税される場合とでは税額に違いがでてきます。

 
 人気ブログランキングに参加しています。ぜひ応援のワンクリックを宜しくお願いします。


現在の順位もわかります → 人気blogランキングへ


 

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/23(水) 18:36:59|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

税理士の倫理

 税理士登録をすると、税理士会から山のように資料を頂きます。その中に税理の倫理綱領というものがあったのですが、特に急ぎでもなかったのでずっと輪ゴムにくるめたまま放置していました。資料の整理も一段落ついたのでようやく今日額縁を購入しそこに収めることができました。額縁に収めると気が引き締まると同時に事務所内が何か神々しく神聖なものに感じます。皆様に税理士とは何なのかということを知っていただくためにも税理士の倫理綱領を載せてみたいと思います。因みに名古屋税理士会が出しているものです。

 税理士の倫理綱領

1.税理士は、職務の公共性を自覚し、独立公正な立場で職務を遂行する。


2.税理士は、法令に基づき、納税義務の適正な実現を図り、納税者の信頼にこたえる。


3.税理士は、秩序を重んじ、信用を保持し、常に品位を高め、社会的地位の向上に努める。


4.税理士は、法令、実務に精通するよう研さんをつみ、資質の向上に努める。


5.税理士は、会則、規則等を遵守し、会務運営に積極的に協力する。


 このような倫理観をもってままお客様に対してサービスを提供するのが税理士としての仕事だと思います。このような税理士であり続けたいと思います!!


ランキングに登録しています。応援のワンクリックを是非お願いいたします。


ワンクリックをお願いします → 人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/22(火) 18:21:08|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀行への挨拶(日記)

 今日は銀行へ事業用の通帳を作りに行ってきました。作るのが遅いと自分でも思うのですが、今まで特に必要性がなかったこともあり、やっと重い腰を上げた感じです。理由としては、以前斡旋業者にお客様の紹介を依頼しているというお話をさせていただいたのですが、そこで手数料の支払に使う通帳がどうしても必要になったためです。

 銀行が閉まる少し前に行き、通帳の作成を依頼し、帰ろうとしたその時、銀行側の偉い方から突然話しかけられました。いつごろ開業されたのですか?それと同時にお名刺を頂き、私もあわてて名刺をお渡ししました。税理士だからご挨拶いただけたのか、事業用の通帳だったため事業主に対してご挨拶いただけたのかわかりませんが、ちゃんとこちらからご挨拶させていただけばよかったな??と悔やんでいるしだいです。もし、もう少し早い時間であれば、銀行さんともっと深いつながりができたのに・・・。

 開業したての税理士さん、事業主さんは銀行には通帳を作った際に一言挨拶した方が良いかもしれませんね。お客様には積極的に挨拶してもらうよう薦めたいと思います。よい教訓となりました。


ランキングに参加しています。よろしければ一日一回のワンクリックをお願いします。


こちらをクリックしてください → 人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/21(月) 22:51:54|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

社会保険:報酬の対象外

 健康保険や厚生年金保険では個人に支給する報酬をもとに徴収額が計算されます。実際には、報酬の月額に応じて社会保険庁が出している標準報酬月額保険料額表に照らし合わせて決定されます。
ご覧になりたい方はこちらからどうぞ。
 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo13.htm

 この報酬月額の報酬には被保険者が労働の対価として受け取る給与の殆どが含まれます。基本給、残業手当、扶養手当、家族手当、通勤手当だけでなく、現物給与なども該当します。通勤手当ですと所得税法上では一定額は非課税となりるので計算に含まれないと思われる方も多いと思いますが、社会保険の報酬には含まれますし、会社が購入してから支給した定期券なども含まれてしまいます。一方、報酬に含まれないものもしっかり規定されています。

 報酬とならないものには、退職手当、結婚祝金、見舞金、出張旅費、被服、家賃、地代、預金利息、株主配当、一定の食事代などがあります。これらの金額は健康保険や厚生年金の算定の基礎とならないためうまく利用すれば保険料を抑えることができます。会社ごと利用方法は考慮の余地があると思いますが、例えば、退職前の役員報酬を抑えて、社会保険の負担を下げる。同時に保険に加入し、法人税も抑えつつ、退職の際は退職金を最大限まで支給する、といった方法も使えるのではないでしょうか。ただ給与の変わりに地代を支払えば不動産所得として申告が必要となるケースもあるので注意が必要だと思います。

ブログランキングに参加しています。応援のワンクリックをお願い致します。


ワンクリックしてください → 人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/20(日) 21:05:32|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

健康保険料上限上げとバレー(日記)

 今日の日経新聞の朝刊をご覧になった方もいらっしゃると思いますが健康保険料の上限が引き上げられるとのことです。直ぐに保険料が上がるということではないのですが、ここ何年も少しずつ少しずつあげられていくので何かだまされている気分にすらなってしまいます。社会保険庁の不正の問題も最近はニュースとして取り上げられることも少なくなりましたし、タイミングを見計らってということなのでしょうか?

 昨日も弥生会計から連絡があり、平成18年9月分(10月納付期限)より、厚生年金保険の保険料率が「142.88/1000」から「146.42/1000」に引き上げられるので対応をしてほしいとの通知がありました。自分はもう国民年金に移行したのですがすが、何かと複雑な気分です。

 ところで昨日の日本女子バレーのキューバ戦はすごかったですね。大変面白かったです。男子バレーはあまり見ませんが、女子バレーは結構テレビで応援しています。昨日の試合、第1セット最後、テレビを見ながらいつもここで逆転されるんだよな?と思いながら見ていたのですが、そのまま勝つことができました。勝手な思い込みで日本代表に大変失礼なことをしてしまいました。29?27で勝つということは、精神力の勝利だと感じます。日本の女性アスリートはやっぱりすごいですね。

 今日の韓国戦何とか勝って貰いたいですね。予選は9試合あるのですが、韓国とは2試合対戦します。韓国に二回とも勝たないと、他の対戦相手がランキング上位の国ばかりなのできついところもあると思います。皆さんも日本の予選突破のために今日は一緒に応援しましょう!日本全体が元気になるように。ガンバレ、日本!

ブログランキングに参加しています。ランキングが上がるので応援のワンクリックを宜しくお願いします。 


こちらです → 人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/19(土) 18:26:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

相続税と贈与税その2

 前回の続きの相続税と贈与税についてです。一般に110万円以内の贈与をすると贈与税がかからないので財産を無税で移転させれますし、相続財産も減らせ相続税の節税にもなるといわれますが不十分なケースもあります。

例}現在父に4億の財産(現金のみ)があるとします。息子一人だけが法定相続人です。基礎控除は6千万円になります。現在父が60歳で息子が30歳とします。男性の平均寿命がおよそ80歳なので20年後に相続が発生すると仮定します。
(説明をわかりやすくするためその他の規定は無いものとします)

?毎年100万円を贈与した場合
  贈与税
   1,000,000円?1,100,000円<0
    ∴毎年基礎控除以下なので20年間贈与税はなし。
   1,000,000円×20年=20,000,000円
    ∴20年間で20,000,000円を贈与。

  相続税
   400,000,000円?20,000,000円?60,000,000円(相続税の基礎控除)=
   320,000,000円
   320,000,000円×50%(相続税率)=160,000,000円
    ∴160,000,000円の相続税を納付

   贈与税額+相続税額=160,000,000円

?毎年610万円を贈与した場合
   贈与税
   (6,100,000円?1,100,000円)×30%(贈与税率)?650,000円(贈与税の控除額)=
   850,000円
   850,000×20年=17,000,000円
    ∴20年間で17,000,000円の贈与税を納付

   6,100,000×20年=122,000,000円
    ∴20年間で122,000,000円を贈与
   
  相続税
   400,000,000?122,000,000円?60,000,000円=218,000,000円
   218,000,000円×40%(相続税率)?17,000,000円(相続税の控除額)=
   70,200,000円
    ∴70,200,000円の相続税を納付

   贈与税額+相続税額=87,200,000円

このように毎年贈与する金額が異なるだけで、最終的に国に収める税金に違いがでます。この場合、贈与を610万円した方が、7000万円近く納税を抑えることができます。

 贈与税を毎年支払うことに抵抗があるため110万円以下の贈与の方が使いやすいと思います。しかし相続のことまで考えると贈与税を支払ってでも贈与した方が財産を残すことができます。これは相続税と贈与税の税率の違いに着目し、税率の高い相続財産を減らす節税方法です。当然相続開始がいつになるかはわかりませんが、基礎控除額以下の贈与が必ずしも得となるわけではありません。このほかにも節税方法はいくつもあります。今回は2千万の贈与がありましたが何もしないとさらに多くの
相続税を国に納付しなければなりません。相続税対策を何もされていない方は是非お近くの税理士にご相談下さい。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただくとランキングが上がりますので、ワンクリックでの応援を宜しくお願いします。
 
こちら  →  人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/19(土) 00:22:43|
  2. 税理士業務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相続税と贈与税その1

 相続税の節税の方法の一つに、毎年110万円以下の贈与を行い被相続人の財産を減らすという方法があります。例えば、通常、父から息子に金銭を渡した場合(非課税となる生活費を除きます)は贈与税がかかります。しかし贈与税には基礎控除というものがあり、基礎控除額110万円までは贈与をしても税金を支払う必要がありません。贈与税の課税は暦年、つまり1月1日から12月31日までを期間として計算するので毎年110万円以下の贈与を行うことで父から息子へ財産を移転させることができます。このように財産を移転させることで、税金を支払わず、父の財産をいくらか減らすことができ、相続税の節税をすることができるのです。

110万円の贈与をする場合には注意すべきことがあります。
それは定期定額にしないことです。毎年同じ日に同額を支払うと、最初の支払の年に、定額部分全額の贈与があったものとみなされてしまうケースがあります。また証拠をしっかり残すことが必要です。契約書があればよいのですが、契約書が無くても、父名義の銀行から息子名義の通帳に振り込んでも良いです。

 しかし相続財産の金額によっては110万円の贈与にこだわらなくても良いケースもあります。これは次回お話させていただきます!

 ブログランキングに参加しています。クリックしていただきますとランキングが上がりますので、是非ワンクリックをお願いします。


       →  人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/18(金) 07:57:41|
  2. 税理士業務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

社会保険強制加入

 健康保険や厚生年金保険については一定の条件を満たすと強制的に加入しなければならなくなってしまいます。健康保険・厚生年金保険に加入すると保険料のうち一定額を経営者が負担しなければならないので今は加入を避けたいと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 このように強制的に加入させられる事業所を強制適用事業所といいます。条件は、
  
法人の事業所であること・
  個人経営で常時5人以上の労働者を使用する事務所であること。
    ただし個人経営の場合は農林水産業、サービス業などであれば5人以上でも強制適用にはなりません。

 逆に個人経営者の方で従業員に健康保険・厚生年金保険に加入させてあげたいということもあると思います。この場合は任意適用事業所ということで社会保険事務所に届け許可を受けることで加入することができます。

 実際には強制適用事業所でも加入していないところは多いのですが、将来的には取締りが厳しくなると思います。
 法人成りを考えている個人事業者で、適用事業所に該当しない方は、法人になると適用事業所になってしまうので是非参考にしてください。

ご参考までに労災は従業員を一人でも雇えば加入しなければなりません。

 人気ブログランキングに参加しています。クリックしていただくとランキングが上昇しますので是非応援宜しくお願いします。


   こちら      →  人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/17(木) 15:34:52|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オシムジャパン公式戦初勝利

 お盆も終わり明日から仕事という方が多いのでしょうか。私は朝から晩まで資料を整理したり、書類に目を通したりしていたのでお盆休みもありませんでした。自由に時間が使えることもあり、盆休みがなくても疲れはまったくでないので今はとにかく仕事。仕事です。

 話が変わりますが、今日のオシムジャパンの試合はスピード感があって非常に面白いものでした。以前は攻撃の際にボールを出すところがなくもたつき、もたついている間にボールを奪われ得点されるという歯がゆい場面も多かったのですが、オシムジャパンではこのようなことは解消されそうです。監督が変わるとやはり変わるものですね。相手の守りが堅いのはわかっていたことなので2-0という結果にも満足できます。本音を言うともう少し得点シーンも見たかったですが・・・。それにしてもこうも選手が変わると誰が誰だかわかりません。Jリーグもしっかり研究しなければ!

 私事ですが、本日31歳になりました。年を取った分、30歳の時より成長できるよう精進したいと思います。31歳の私も宜しくお願いします!!


ブログランキングに参加しています。31歳のお祝いに是非ワンクリックお願いします。


      →   人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/16(水) 23:29:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高齢者の雇用助成金

 特定就職困難者雇用開発助成金というものをご存知でしょうか?事業者が新たに高齢者(障害者の方も対象になります)を雇い入れる時に支給される助成金です。若くて起業した人、または起業を考えている人にとっては、人生経験豊富で人脈もあり経験もあるベテラン従業員が社内にいればこれほど心強いことはありません。しかし実際に雇用を考えると、給料の支払が高くなることがネックとなってしまうのではないでしょうか。この助成金はこのようなケースに非常に役立ちます。

 この助成金は公共職業安定所で申請を行うことができます。対象者の年齢は60歳以上65歳未満の高齢者で、中小企業であれば1年間に限定されるのですが、給料の3分の1を助成してもらえます。

 また地域によるので、それぞれの地域の公共職業安定所に問い合わせをしていただきたいのですが、厚生労働大臣が雇用が悪化したと認める地域については、緊急就職支援者雇用開発助成金の助成が行われます。これは年齢45歳以上65歳未満の方を雇用した場合に給料の3分の1を6ヶ月間にわたって助成するというものです。年齢が45歳以上ということで比較的使いやすいものにはなっています。

 ほとんどの助成金は自ら申請しないと頂くことができません。今は必要ない方でもこういう制度があることを覚えておいていただければ将来恩恵を受けることができるかもしれません。是非覚えておいてください。

 
ブログランキングに参加しています。一日一回、応援のワンクリックを宜しくお願いします。


      → 人気blogランキングへ

テーマ:起業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/15(火) 16:55:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

税理士の営業

 お盆休みに入られて休日を足られている方も多いと思います。私の場合は今のところ基本的には休日返上ということで毎日仕事をさせていただいていますが、昨日は久々にお盆休みに入った友人とバーベキューをしました。朝から焼き鳥やネギマの串刺しなどの仕込みをし、副幹事としてなんとかイベントを成功させることができました。そんな中でも久しぶりに会った友人への名刺配りは怠ることなく、しっかりアピールをしてきました。日々営業ですねー。

 税理士業には一般企業から見ると不可解な規制がいくつもあり営業方法が限られてきます。数年前の改正により広告などの規制は多少緩くはなったのですが、まだまだ不可解な規制は残っています。知人以外への電話やファックスでの勧誘は禁止されていますし、飛び込み営業も同様です。広告での募集も禁止されていますし、看板の設置場所に制限があります。我々新人税理士にとっては営業方法も限られてしまい、新規参入の難しい業界だとつくづく実感します。このため、税理士の営業は知人に紹介をお願いしたり、ホームページを見ていただくことになってしまうのですが・・・。

 そこで今回、税理士の斡旋業者にお客様の紹介を依頼することになりました。登録して、お客様とのご契約が成立したら一定金額を斡旋業者に支払うというものです。まだ一つだけなのですが、いくつかの斡旋業者に登録してもっと当事務所をお客様に知っていただきたいと思っています。このブログには私の税理士事務所のホームページへのリンクもありますので税理士を探されているお客様には是非こちらの方をご覧いただければ嬉しいのですが・・・。斡旋業者からのご紹介があった場合も是非宜しくお願いします。

ブログランキングに参加中です。応援のためのワンクリックを宜しくお願いします。


  → 人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/14(月) 15:09:42|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飲食費の判定(節税)

 18年度の税制改正の一つに交際費等の損金不算入制度の改正があります。この制度は、大企業ですと、交際費に該当すると損金(損金とは法人税法上の費用ことです)に算入されず、資本金1億円以下の中小企業であれば一定額が損金に算入されないというものです。今回の改正はこれ自体の改正ではなく、飲食代(会議費等に該当するものは除かれます)のうち5,000円以下の支出は交際費としなくてもよいというものです。つまり、

 10,000円の飲食代  5,000円を超えているので交際費となるため上記規定により損金不算入
 5,000円の飲食代   5,000円以下となるため交際費に含めなくてよいので上記規定に該当せず損金として扱えます。

 この金額は一人当たりの飲食代なので、飲食代は一人5,000円以下に抑えて接待すれば、全額損金にして節税できるという効果があります。お客様を接待しビジネスチャンスを掴むのと同時に是非節税もしてみてください。

 ところでこの5,000円という金額ですが日ごろの記帳処理により違いがでてきます。これは消費税の処理の仕方によるのですが、実は消費税は税込み経理と税抜き経理の二種類の方法があります。税込み経理は5,000円+消費税250円の5,250円で記帳する方法です。税抜き経理は5,250円の支出を5,000円として記帳する方法です。要するに、消費税を含めた金額にするか含めない金額にするかの違いなのですが、この選択は納税者が自由に決めることができます。少しの違いではありますが、コース料理などは5,000円の設定という場合もあると思うので是非ご検討下さい。

 このような税込み税抜きの判定で違いが出るものには、今回の交際費のほか印紙税があります。。税込み金額で記載した領収書はその税込みの金額で判断することになりますが、しっかり消費税額を区分した領収書はその税抜きの金額で判断することになります。一度検討してみてください。


ブログランキングに参加しています。応援のワンクリックを宜しくお願いします。


          → 人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/12(土) 17:40:54|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

退職と開業の決意(日記)

 税理士試験合格後、盛繁期の確定申告が終わるのにあわせてそれまで勤めていた税理士事務所を退職しました。この業界は確定申告前に辞める人も多いのですが、職場の仲間の負担も大きくなりますし、大変お世話になった事務所だったので3月末までと決めました。退職後は希望の税理士事務所で再就職し、その事務所で税理士登録をしようと考えていました。でも実際辞めるとゆっくりと考える時間が持てたこともあり、開業という道もあるのではと考え始めました。

 開業を考えた当初は友人や同業者、大学の恩師そして両親などいろいろな人に相談をしました。30歳という年齢は、税理士の平均的な開業年齢と比較すると非常に若く、年齢的に早すぎるのではとかいう疑問があったのです。税理士登録して数年経験を積んでお客様を探して準備を重ねて開業するという方法もありましたが、結局、開業してゼロからスタートすることを選択しました。

 決意した理由はいろいろとあります。合格したてで溢れんばかりにやる気があるし、チャレンジ精神も強い。まだ独身(子供養って一人前ですが・・・)なので、結婚する前で予定もない今がチャンスだと思いました。30歳半ば位には家庭の責任ある立場に立ちたいですが、今は仕事です・・・。しかし最大の理由は個人事業主、社長などと同じ経営者の立場に立てることです。従業員の立場ではわからない経営者の立場を身をもって経験することで、より的確で細やかな御助言をさせていただけるのではないかと考えました。そして税理士事務所を経営し責任を持って仕事をしていくことは必ず自分を成長させると考えたからです。これだけの強い気持ちがあれば年齢の問題も乗り越えれると思うので、初心を忘れずにがんばっていきたいしだいです。



 ブログランキングに参加しています。応援のワンクリックを宜しくお願いします。


        →  人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/12(土) 03:17:57|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

税理士の責任!

 私の事務所の通信手段は、パソコンメールと電話付きFAXと携帯電話です。その一つに不具合が生じてしまったので朝からてんやわんやでした。説明書を読み直し、メーカーへ問い合わせの電話。FAXメーカーに電話をすればNTTに電話してくれと言われ、NTTに電話すればFAXメーカーに電話してくれと言われ、自社製品へのあまりの無責任さに少し腹が立ってしまいました。結果、NTTの年配の方に対応していただいたおかげで応急処置を取ることができました。応急処置なんで解決ではないんですけどね・・・。

 一時期から説明責任(accountability)という言葉が広まってきましたが、特に大企業は軽視している気がします。商品の販売でもサービスの提供でも、いいところだけ強調し、不利なことは書かないか、少し触れる程度。お客様に詳しく説明もしないで、クレーム処理部門を充実させるのは本末転倒な気がします。クレーム処理の担当者を減らして、お客様が納得できるまで商品説明がしっかりできる部門を作ってもらいたいものですね。

 説明責任ですが、英語ではaccountabilityといいます。accountabilityは、会計を意味するaccountingと責任を意味するresponsibilityとの合成語です。もともとは資本と経営の分離した状態での経営者から出資者への会計上の報告責任からきているようです。つまり出資者から預かったお金を経営者がどのように使ったのかを説明することですね。

 この説明責任には、自分が相手に説明するだけでなく、相手方に行った説明を理解してもらう責任も含まれているようです。試算表や決算報告書をお客様にお渡しして終わってしまう税理士も多いですが、しっかり理解していただくまで説明させていただかないといけませんね。

ワンクリックしていただけると嬉しいです。ワンクリックで応援お願いします。


         → 人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/10(木) 15:06:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

残業した従業員に提供した食事代

 従業員に対する福利厚生の充実は会社全体の士気を高めることにつながります。また従業員に対する支出の多くは経費として認められます。そこで今回は残業した従業員に対して食事を提供した場合についてお話します。会社のために遅くまで残業する従業員のために食事でも提供できればと思われたことのある社長もいらっしゃると思います。このように思われた方は是非大切な従業員のために食事を用意してあげてください。理由は次のようです。

 通常の勤務時間内に食事を提供した場合には従業員にその分の所得税が課せられてしまうのですが、通常の勤務時間を越えて食事を提供した場合には従業員に所得税が課せられることはありません。つまり従業員が負担することなく食事を提供することができるのです。社長の気持ちが伝われば、従業員の仕事もはかどり、いずれ会社の発展につながります。残業の苦労に報いる方法の一つとして一度検討してみてください。ただし、現金での食事代の支払いや通常の勤務が夜中の者に対して提供する食事代は該当しませんのでご注意下さい。

 
人気ブログランキングに参加しています。応援のワンクリックを是非宜しくお願いします。

      →     人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/09(水) 22:44:09|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親の借金も相続するの?(基礎編)

 相続というと、両親が残してくれた現預金、土地、建物、株式などのプラスの財産だけを想像する方も多いと思いますが、借金などのマイナスの財産も含まれます。相続税の計算としては、プラスの財産からマイナスの財産を差し引いた金額から税額を求めて、その税額を差し引いた金額が形式的ではありますが財産として残ります。しかし両親が残した財産が常に借金より多いとは限りません。借金の方が多い場合もあると思います。何もしないで放置しておくと知らぬうちに多額の借金を抱え込んでしまうことになります。

 このようなことにならないように、相続人は相続の放棄という手続き(民法の規定)を取ることができます。この手続きには期限が設けられており、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内となっています。家庭裁判所に相続放棄申述書を戸籍謄本などの添付書類とともに提出することで相続放棄の手続きを取ることができます。期限が決められていますので、あとで困らないように該当する方は是非覚えておいてください。因みに相続の開始を知った時とは、亡くなったことを知った日ということです。亡くなったことも知ない間に借金まみれということにはならないようにはなっています。

 先祖代々の家だけは相続したい方、借金の方が多いのか少ないのかわからない方には限定承認という方法があります。相続財産の範囲で借金を支払うというものです。これも3ヶ月という期限がありますので詳しくは近くの専門家にお聞き下さい。相続後、財産についてはあまり話したくないとは思いますが、是非頭の片隅にでも覚えておいてください。

ブログランキングに参加しています。励みになるのでワンクリックをお願いします。


→ 人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/08(火) 17:23:45|
  2. 税理士業務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

中央青山監査法人

 中央青山監査法人の名称変更が発表されました。新しい名前はみすず監査法人で、今年の9月1日から変更されるそうです。発端はカネボウの粉飾決算事件に中央青山の公認会計士が関与したことによるものですが、この事件は公認会計士の職務に対する社会全体の信頼を著しく失墜させました。処分は7月と8月の2ヶ月間の業務停止という重いものになったわけですが、それ以上に信頼を失ったことが大きかったようです。ですからイメージ回復のための今回の名称変更は少し残念です。名称を変えずに地道に信頼を回復してもらいたかった気がしています。

 ところで、公認会計士と税理士の違いはご存知でしょうか?よく知人に公認会計士と税理士はどう違うのかと聞かれます。○○会計事務所という表記が多いのが原因なのでしょうか。理由はよくわかりませんが公認会計士と税理士は違います。


税理士法第一条
 税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、 納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています


公認会計士法第一条
 公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする


 このように両者は根本的にそれぞれ異なる使命に基づいています。税理士は税務の専門家、公認会計士は監査・会計の専門家です。他にも違いはあるのですが、またの機会にお話させていただきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

    
→ 人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/07(月) 18:10:12|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

非常勤役員の年俸

 最近購入した本に役員給与の税務という本があります。会社法に伴う法人税の改正についての記載があるのですが、非常勤役員の年俸について注意事項がありました。あまり非常勤役員というとなじみが薄いと思いますが、常時出社しない監査役などが該当します。会社法以前の株式会社でしたら監査役が必ず設置されていたので該当する会社もあるのではないでしょうか。

改正前
 定期の給与を受けていないものに対し、毎年所定の時期に支給する給与は損金として処理されるため、年一回支給される年俸は損金とされていました。

改正後
 損金算入される役員給与が?定期同額給与、?事前確定届出給与、?利益連動給与と規定されました。このうち定期同額給与では、毎月支給することを定期とするため、これまでは定期として扱われていた一年に一度支給する年俸払いはこれに該当しなくなりました。そこで、年俸払いをする場合は上記?の事前確定届出給与により給与の支給を受けるしかなくなったため、届出書を提出しなければならないということです。

 事前確定届出給与に関する届出書だけには限りませんが、あらかじめ届出書の提出がないと適用を受けられないものもあるので十分注意してください。


よろしければワンクリックをお願い致します!


  →人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/06(日) 01:29:42|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ボイスワープ導入!

 NTTのサービスの一つにボイスワープというものがありま
す。固定電話にかかってきた電話をあらかじめ指定した電話
に転送するサービスです。多いのは携帯電話に転送というパ
ターンではないでしょうか。昨日からこのサービスを受ける手
続きを取りましたが、これはなかなか使い勝手がよいので、
使えそうな方は是非サービス(有料)を受けてみてください。

 私の場合、一人で事務所を切り盛りしているためどうしても
事務所から離れる機会があります。留守番電話ですと、メッ
セージを入れていただける人が少なくなってしまうのではない
でしょうか。通信はすべて携帯電話ですればよいのではと思
われる方もいらっしゃるかもしれませんが、初めて電話を頂い
くお客様は公表されている固定電話に連絡を下さると思うの
で、せっかくのチャンスを逃してしまうことにもつながってしま
います。

 サービス業は、必要な時に必要なサービスを提供するのが
第一だと思います。常に連絡に応対できる状況を作ることで
お客様に安心感を持っていただけます。というわけで、しばら
くはこのボイスワープをふんだんに利用します。どうしても出
れないときは
転送先の携帯で留守電になってしまいますが、
その時はすみません!できるだけ早く折り返しお電話させて
いただきます!

 転送後の電話代は当方負担なっていますのでお気軽にご
連絡下さい。
 


ブログランキングに参加しています。どうか清きワンクリックを
お願いします。


→ 人気blogランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/05(土) 14:39:42|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

青色申告と節税

 今日は税務署に開業届出書と青色申告承認申請書を提出してきました。期限内にはもちろん提出したのですが、少し遅くなってしまいました。いろいろと事情はあるのですが・・・これで一安心です。

 個人事業の開業届の提出期限
   ?開業した日から1ヶ月以内となっています。


 青色申告承認申請書の提出期限(平成18年)
   ?平成18年1月15日までに事業を開始した場合
   ?18年3月15日まで(厳守)
   ?上記以降に事業を開始した場合
   ?開始した日から2ヶ月以内(厳守)


 提出していない方は期限内に是非提出してくださいね。特に白色より青色の方が特典が多いので是非青色になってください。上記青色承認申請書を期限内に提出すれば良いだけです。白色より青色の方が帳簿が少し面倒ですが・・・
上記?と?に当てはまらない方は19年からしか受けられません。

 青色の特典の一部です。
   ?65万円又は10万円控除が受けられる
    ?複式簿記で帳簿を付けると65万円控除。
      税率20%以上の方なら10万円位節税できます。
   ?3年間の損失の繰越
    ?今年の損失を今後三年の所得と相殺できます。
      開業したての際などよく利用されます。
   ?青色事業専従者給与が出せます。
    ?白だと配偶者86万円その他50万円と決まっています。
      働きにお応じてですが、上限は定められていません。

 白色の方は是非青色事業者になって節税をしてください。領収書をしっかり管理し、帳面をしっかり付けて、青色になっていただくことで納める税金もかなり変わってきますよ。
簡単ではありますが、こんなところで・・・質問のある方がいらっしゃったらコメントをお願いします!


ブログランキングに参加しています。よろしければワンクリックを宜しくお願いします。


 → 人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/04(金) 17:21:37|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

税理士試験終了

 税理士試験の全日程が終了しました。これから徐々に各専門学校で模範解答がアップされ、ボーダーラインが出されていいきます。しかし税理士試験はここからが長いんです。結果が出るのが12月半ばで4ヶ月以上先です。9月からは来年の税理士試験の口座も始まり、特にボーダーライン上にいる方には新しい科目を始めるか、同じ科目をやり直すかは頭を悩まします。私のこれまでの経験ですが、ボーダーライン超えていればある程度は大丈夫ではないかと思います。専門学校もボーダーは実際のラインより少し上げて公表すると思うので、しっかり自己採点ができていればといったところですね。

 試験が終わって、結果が気になって仕方がない人となるようになると思う人の二通りがあると思いますが、私は前者です。ですから試験後は2ちゃんねるに入り浸っていました。受験生仲間がいっぱいいるので参考になる話が聞けます。よかったら覗いてみてください。皆様お疲れ様でした!!


 → 人気blogランキングへ

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/04(金) 01:33:26|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ボクシング(感想)

 昨日は亀田興毅対フアン・ランダエタ戦を見ました。番組を放送したTBSには抗議の電話が4万件もあったそうで影響の大きさを感じます。そもそも一部の人気スポーツでは試合開始のかなり前から放送を開始することはよくあることです。しかし試合開始時間をわからなくして全部見させようとするテレビ局の行為には正直がっかりさせられます。一歩譲って、民放なので広告収入のため視聴率を意識するならそれでいいのですが、都合の良い時は公共性を主張する報道関係者の態度はあまり好きにはなれません。この辺はぜひ改善してもらいたいですね。

 それで問題の試合ですが・・・確かに12ラウンドが終わった時点で私も負けたと思いました。挽回しきれなかったのでは・・・?!でも判決は1ポイント差で亀田の勝利。確かに押されてはいたので微妙な判定ではありましたが、勝利は勝利です。これにケチをつけているTBS以外の民放各局。フジで放送されれていばフジ以外だったのでしょうが、非常に残念な風潮ですね。

 試合放送中に畑山さんか誰かが言っていたのですが、これまでのプロの試合ですと、相手に効くパンチを打ったほうがポイントは高いのですが、最近は手数の多い方がポイントが高くなる傾向があるとのこと。この辺で判断がわかれたのではないかと思います。それにしてもこの19歳の青年はすごいですね!最近は活躍するスポーツ選手の多くが年下になってきています。私もがんばらないと・・・


ランキング参加中です。ブログを更新する活力になるのでよろしければワンクリックをお願いします。


 → 人気blogランキングへ

  1. 2006/08/03(木) 18:18:08|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電子申告

   最近、電子申告が何かと話題となることが多いですが、実際にはいまいち普及はしていません。税理士会や税務署からは税理士に対し積極的に電子申告をするようにとのお願いが出ていますが、実際に電子申告をやっている税理士が少ないのが現状です。手間とコストを考えると、それほどのメリットもないというのが原因ではないのでしょうか?電子申告のメリットがあげられているパンフレットなどを見るとそれがメリットなのかと思ってしまいます。

 やはり突破口は、電子申告控除ということになってしまうのではないのでしょうか。一月ぐらい前に日経新聞の一面にも載っていたのですが広く普及するにはそれなりのメリットがないとなかなか進まないものです。ETCも大分普及してきたのですがやはりこれは値引き等のメリットによる部分が大きかったからです。既に電子申告はお隣韓国などでは行われているらしいので現実的には最終的にここに行き着くのではないかと感じています。

 ただし、電子申告控除はパソコンを使える人対象で、パソコンを使えない世代の方が自ら申告する際には使えないのでは不公平ではないのか。これは税務署の偉い方が言っていたことなのですが、税の公平性という立場からは確かに不公平ではあります。さて、どうなるのでしょうか?

 どちらにしても最終的には電子申告が大半を占めるようになるのではないのでしょうか。控除等の実質的な優遇措置がないと勧めにくいものではありますが、電子申告を始めたいお客様は是非始めてみてください。「うちはもう電子申告しているよ」と同業の社長さんに話ができるだけでも電子申告を始めるメリットになるのではないかと感じます。。

 私も今年から是非、電子申告には挑戦したいと思っています。必要書類も頂いてきました。お客様に頼まれて税理士である自分がやってないのもどうかと思いますし・・・税理士として一歩でも先を進みたいという気分からです。

よろしければワンクリックをお願いします。


         →   人気blogランキングへ

  1. 2006/08/02(水) 20:44:45|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

路線価とは

  8月1日国税庁から路線価が発表されました。3大都市圏でプラスになり、地方でも下げ幅が縮小になるなど地価が回復傾向にあるとのことです。私の住む名古屋では、名古屋駅前の土地が上昇率で全国?1のようで名古屋の元気さが改めてうかがえます。最近は建設ラッシュで、高層ビルが立ち並び、久々に名古屋駅近辺に行くと驚くほどです。

 ところでこの路線価というものは、税理士にとってはよく使われるものなのですが、一般の方にとっては毎年新聞で見かける程度であまり馴染みがないのではないでしょうか。どちらかといえば、民間の土地取引の適正価格として使われる公示価格の方が有名だと思います。路線化は、これとは別に相続や贈与において土地を評価するための基準として国税庁からだされているもので、つまり税金を計算するために出されているんです。

 実は路線化は公示価格に準じて決められています。
土地の価格が上昇すると、連動して、将来の相続税・贈与税の税額も高くなり、また固定資産税も上がってしまうのです。売却を考えている人にとっては良いのでしょうが、保有している人たちにとっては、また負担が増えてしまうんです。


   ところで公示価格に準じているなら二つも基準価格をださなくてもと思ってしまいますが、これは公示価格が国土交通省から出されるからなのでしょうか??


    →      人気blogランキングへ

  1. 2006/08/02(水) 01:59:39|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

tm

Author:tm
WELCOME
下記のリンクにホームページを掲載しまし
た。こちらも宜しくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。