名古屋の税理士奮闘記

名古屋で税理士事務所を開業。多くの人と交流を深めていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

残業した従業員に提供した食事代

 従業員に対する福利厚生の充実は会社全体の士気を高めることにつながります。また従業員に対する支出の多くは経費として認められます。そこで今回は残業した従業員に対して食事を提供した場合についてお話します。会社のために遅くまで残業する従業員のために食事でも提供できればと思われたことのある社長もいらっしゃると思います。このように思われた方は是非大切な従業員のために食事を用意してあげてください。理由は次のようです。

 通常の勤務時間内に食事を提供した場合には従業員にその分の所得税が課せられてしまうのですが、通常の勤務時間を越えて食事を提供した場合には従業員に所得税が課せられることはありません。つまり従業員が負担することなく食事を提供することができるのです。社長の気持ちが伝われば、従業員の仕事もはかどり、いずれ会社の発展につながります。残業の苦労に報いる方法の一つとして一度検討してみてください。ただし、現金での食事代の支払いや通常の勤務が夜中の者に対して提供する食事代は該当しませんのでご注意下さい。

 
人気ブログランキングに参加しています。応援のワンクリックを是非宜しくお願いします。

      →     人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/09(水) 22:44:09|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<税理士の責任! | ホーム | 親の借金も相続するの?(基礎編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taxtax777.blog66.fc2.com/tb.php/36-8bd498d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tm

Author:tm
WELCOME
下記のリンクにホームページを掲載しまし
た。こちらも宜しくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。